夜空の月の撮り方について。

先日、ずっと欲しいなと思っていた一眼レフ型のデジタルカメラを購入しました。
暇を見ては弄っているところでして、もうはじめての一眼レフに夢中です。
今まではコンパクトな普通のデジタルカメラしか持っていなかったので、夜空の月や花火もぼやけた形でしか撮れないのが悔しかったのですが、一眼レフになったことで、今まで撮れなかった対象も、高画質で思うように撮れると思うと今からワクワクしてきます。
ということで昨日、早速夜外に出て、月を撮ってみました。
最初はカメラの設定に四苦八苦して上手く撮れなかったのですが、色々試した結果、綺麗に月のクレーターまでくっきり撮ることができるようになりました。
月を撮るにはピント合わせが難しいですね。
ちょっと位置がずれたり撮影モードが違ったりしただけで、ぼやけた画像になってしまいます。
幸い昨日は晴れで雲もなく、しかも満月と言う絶好の条件下だったので、最後にきれいに撮れるようになって良かったです。
これは私、本格的に写真にハマりそうです。
もうすぐ夏ですね。
花火の季節も、もうすぐやってきますね。
花火大会が行われる時期までには、今以上の撮影技術を会得して、大迫力の花火を撮れるようにしたいです。
今はその目標に向けて、日々努力しています。